GR-ADZUKI SD CARD

GR-ADZUKIにSDカードを接続しました。
SDカードスロットは以下の物を使用しました。
マイクロSDカードスロットDIP化キット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05488/
このスロットは、GR-AZDUKIの拡張スルーホール1、拡張スルーホール2のコネクタに直接接続できます。今回は、拡張スルーホール2に接続しました。
http://gadget.renesas.com/ja/product/adzuki.html
まずは、動作確認のためCardInfoサンプルプログラムを試しました。
ADZUKI用にピン番号を修正する必要があります。
ADZUKIのSD2に対応したサンプルプログラムを以下に上げました。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/SD/CardInfo/CardInfo.ino

I connected an SD card to GR-ADZUKI.
The following items were used for the SD card slot.
Micro SD card slot DIP conversion kit
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05488/
This slot can be connected directly to GR – AZDUKI extended through – hole 1, extended through – hole 2 connector. This time, I connected to the expansion through hole 2.
http://gadget.renesas.com/ja/product/adzuki.html
First of all, I tried the CardInfo sample program to confirm the operation.
It is necessary to correct pin number for ADZUKI.
The sample programs corresponding to ADZUKI’s SD2 are listed below.

https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/SD/CardInfo/CardInfo.ino

我將SD卡連接到GR-ADZUKI。
以下項目用於SD卡插槽。
Micro SD卡插槽DIP轉換套件
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05488/
該插槽可直接連接GR – AZDUKI擴展通孔1,擴展通孔2連接器。 這一次,我通過孔2連接到擴展。
http://gadget.renesas.com/ja/product/adzuki.html
首先,我嘗試了CardInfo示例程序來確認操作。
有必要糾正ADZUKI的PIN碼。
下面列出了與ADZUKI的SD2相對應的示例程序。

https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/SD/CardInfo/CardInfo.ino

GR-SAKURA DC MOTOR

GR-SAKURAでDCモータを動かしました。
http://gadget.renesas.com/ja/product/sakura.html
モータは以下のモータを使用しました。
DCギヤードモーター 12V 1:19
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-12919/
モータドライバは以下のドライバを使用しました。
東芝 TA7267BP DCモータ用 フルブリッジドライバ
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=4AF8-CBDF
DCギヤードモーターには、減速ギヤ(1:19)ボックスと回転検出用のエンコーダが取り付けられていています。
開発環境は、以下の3つのツールを使用しました。
RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ e² studio 環境用製品情報
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/compiler-assembler/compiler-package-for-rx-family.html
無償評価版を使用しました。試用期限を過ぎてもリンクサイズが128Kバイト以内までなら使用できます。
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/evaluation-software-tools.html
コード生成ツールをPDG2を使用しました。
Peripheral Driver Generator
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/code-generator/peripheral-driver-generator.html
IEDは、e² studioを使用しました。
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/ide/e2studio.html
今回は、PDG2を使用して早く簡単にアプリケーションを開発するため、コンパイラには、GCCでなくCC-RX を使用しました。
現在のプログラムを以下に上げました。
https://github.com/jendo1969/rx63n/blob/master/dcmotor/src/dcmotor.c

I turned the DC motor with GR-SAKURA.

http://gadget.renesas.com/ja/product/sakura.html
The following motor was used for the motor.
DC Geared Motor 12 V 1: 19

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-12919/
The following drivers were used for the motor driver.
Toshiba TA7267BP Full bridge driver for DC motor

https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=4AF8-CBDF
The DC geared motor is equipped with a reduction gear (1:19) box and an encoder for rotation detection.
The development environment used the following three tools.

R / C Family C / C ++ Compiler Package e² studio Environmental Product Information
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/compiler-assembler/compiler-package-for-rx-family.html
I used a free evaluation version. Even if the trial period expires, you can use it if the link size is within 128 Kbytes.
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/evaluation-software-tools.html
I used PDG 2 for the code generation tool.
Peripheral Driver Generator
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/code-generator/peripheral-driver-generator.html
IED used e² studio.
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/ide/e2studio.html
This time, we used CC – RX instead of GCC to compile the application quickly and easily using PDG 2.
We have raised the current program below.

https://github.com/jendo1969/rx63n/blob/master/dcmotor/src/dcmotor.c

我用GR-SAKURA轉動直流電機。
http://gadget.renesas.com/ja/product/sakura.html
以下電機用於電機。
直流減速電機12 V 1:19

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-12919/
以下驅動程序用於電機驅動程序。
東芝TA7267BP直流電機的全橋驅動器

https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=4AF8-CBDF
直流減速電機配備減速齒輪箱(1:19)和用於旋轉檢測的編碼器。
開發環境使用了以下三種工具。

RX系列C / C ++編譯程序包e²studio環境產品信息
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/compiler-assembler/compiler-package-for-rx-family.html
我使用了免費的評估版本。 即使試用期到期,如果鏈接大小在128千字節以內,您也可以使用它。
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/evaluation-software-tools.html
我使用PDG 2作為代碼生成工具。
Peripheral Driver Generator
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/code-generator/peripheral-driver-generator.html
IED使用e²工作室。
https://www.renesas.com/ja-jp/products/software-tools/tools/ide/e2studio.html
這一次,我們使用CC-RX而不是GCC來使用PDG 2輕鬆快捷地編譯應用程序。
我們已經提出了下面的當前計劃。

https://github.com/jendo1969/rx63n/blob/master/dcmotor/src/dcmotor.c

 

 

GR-SAKURA GPS LOGGER

GR-SAKURAでGPS Loggerを作成しました。Jpeg
開発環境はWebコンパイラを使用しました。Webコンパイラなのでペリフェラルのライブラリがそろっているので開発が非常に早くできました。
GPSモジュール GMS6-CR6 (9600bps)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-09252/
GPSの通信は、$GPRMCデータから緯度と経度を取得しました。緯度経度は移動の速度があるときだけ定期的にSDカードに記録するようにしました。時刻もGPSから取れるのでRX63NのRTCは使用していません。ログファイルのファイル名作成のため年月日も取得したのでUTCから日本時間に直すのが少し面倒でした。
電源は、ケースが余っていた乾電池9V型 006Pを使用し、三端子レギュレータで5Vに落としています。
006P電池ボックス リード線付 BH-9V-1A
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02674/
Jpeg
使用した感じでは、電池の持ちが悪かったです。半日くらいしか持ちませんでした。ちょっと短すぎますね・・・・。

GR-SAKURA AND E1

GR-SAKURAにE1用のコネクタをつけてみました。
シールドがつけられるようにKAEDEと同じようにL型のBOXプラグを取り付けました。
BOXプラグ14P(L型)
http://eleshop.jp/shop/g/gC2O369/
Jpeg
RX63nは、e2studioでコード生成ができないのでGR-KAEDE入手以降は、あまり使っていませんでした。KPITのGCCを常用しており、PDGで生成したコードは、RXC用なので・・・。
Webコンパイラの利用も含めてGR-SAKURAの有効利用を考えていきたいと思います。

Roomba Control from GR-SAKURA

Jpeg
ロボット掃除機Roomba500をマイコン(GR-SAKURA:RX63n)からコントロールするプロジェクトを開始します。
以下のURLに通信仕様書があります。
http://www.irobot.lv/uploaded_files/File/iRobot_Roomba_500_Open_Interface_Spec.pdf
コネクタは千石電商で購入しました。
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-0T43
電源はRoombaのバッテリーからもらうためDC-DCコンバータを千石電商で購入しました。
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-0GNA
Roombaバッテリーは、14.4Vなのでこれを5Vに降圧して使います。
Roombaの通信信号電圧は5Vで、RX63nの3.3Vです。しかしRX63nのUART0は5Vトレラントなのでそのまま直結しました。
通信設定は、以下のとおりです。
Baud: 115200
Data bits: 8
Parity: None
Stop bits: 1
Flow control: None
通信テストのためRoombaのLEDを制御するコマンドを投げるプログラムを作成しました。
Serial sequence: [139] [LED Bits] [Clean/Power Color] [Clean/Power Intensity]
通信は、128、130の2バイトで始めるので
[128][130][139][LED Bits] [Clean/Power Color] [Clean/Power Intensity]
6バイトを送りします。
後半3バイト[LED Bits] [Clean/Power Color] [Clean/Power Intensity]を1秒後とに適当に変更するプログラムを作って試しました。無事LEDを任意にコントロール出来ました。
次は、Roombaを動かしてみたい思います。