GR-KAEDE RORTARY ENCODER

ロータリーエンコーダはGR-KURUMIで使用したものを使用しました。
2色LED付スイッチ付ロータリーエンコーダ(赤・緑)ツマミ付セット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05771/
Jpeg
RX64Mのタイマには、位相計数モードがあり、ハードでエンコーダのカウントができます。GR-KURUMIは、ソフトでカウントしましたが、GR-KAEDEでは、16 ビットタイマパルスユニット(TPUa)の位相計数モードを使ってハードでカウントします。

90度位相ずれの2パルスで計数するのは、位相計数モード1と位相計数モード4があります。
入力パルスに対して、位相計数モード1は、4逓倍、位相計数モード4は、2逓倍にカウントされます。1クリック1カウントにするため、位相計数モード4を使用し、カウンタ値を半分にした値を取りました。

GR-KAEDE    ENCORDER
PC2     -  A相
PC3     -  B相

レジスタ設定
PC2とPC3を周辺回路として使用
PORTC.PMR.BIT.B2 = 1;   // Peripheral use
PORTC.PMR.BIT.B3 = 1;   // Peripheral use

PC2とPC3をエンコーダのパルス入力に設定
MPC.PC2PFS.BYTE = 0x03; // PC2=TCLKA
MPC.PC3PFS.BYTE = 0x03; // PC3=TCLKB

位相計数モードを4に設定。
TPU1.TMDR.BYTE = 0x07; // 位相計数モード4
Jpeg
val = TPU1.TCNT;
val /= 2;
カウンタ読むだけなのでとっても楽です。ソフト負荷を減らしたいときに使用したいと思います。

RENESAS SYNERGY

ルネサスの新しいソリューション、Renesas Synergy プラットフォーム(ルネサス・シナジー・プラットフォーム)を試すためにスターターキットを購入しました。

Synergy キット S7G2 Starter Kit SK-S7G2【YSSKS7G2E20PWS2】
http://www.marutsu.co.jp/pc/i/594569/
Jpeg

SynergyマイクロコントローラS7G2 (240MHz ARM® Cortex®-M4)を搭載しています。ARMマイコンを採用したソフト込みのソリューションであり、今までルネサスが取り込めていなかった顧客層をターゲットにしています。これで、配当期待します。また、自分へのお年玉として購入決めました。RXとも喰いあわずいい方向に行くことを期待します。
とりあえずシナジーギャラリーに登録して最新のe2studioなど開発環境をダウンロードしました。
https://synergygallery.renesas.com/

SYNERGYではe2studioのことをIEDではなくISDEと呼びます。
e2studioはバージョンアップし今まで使用していたRXとRL78の開発環境と統一しました。サンプルは、まだBlinky程度しかありませんが、開発環境準備できたのでぼちぼちやっていこうと思います。
JpegJpegJpeg