GR-KURUMI AND DS18030

Jpeg
デジタルポテンショメータの抵抗が2個入ったDS18030を購入しました。
http://www.digikey.jp/product-detail/ja/maxim-integrated/DS18030-100-/DS18030-100–ND/1197181
100kΩの可変抵抗が2個入っています。
MCP41100は、インターフェイスがSPIでしたが、DS18030は、I2Cです。KURUMIとはI2CのIICA0を使用しました。
2個連動して使用もできるので、可変抵抗を複数使用する場合便利です。

GR-KURUMI AND MCP41100

Jpeg
デジタルポテンショメータの抵抗が10KΩでは足りないので100KΩのMCP41100を購入しました。
http://www.digikey.jp/product-detail/ja/microchip-technology/MCP41100-I-P/MCP41100-I-P-ND/362082
MCP4018は、インターフェイスがI2Cでしたが、MCP41100は、SPIです。KURUMIのSCK、MOSIを使用し、CSは、D6を使用しました。KURUMIのSPIは、CSI21を使用しています。e2studioのCode Generatorを使用すればあっという間にCSI21が使用できるようになります。転送モード連続転送モード、データ長8ビット、データ転送方向MSB、データタイミング設定タイプ4、転送レート9600で動かしました。256分解能の100kΩデジタルポテンショメータが使用できるようになりました。