FLEX SENSOR ON KURUMI

RL78/G13のアナログ入力で、曲げセンサーを使ってみました。
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-05ZH
写真の様に2本つなぎました。
Jpeg

 KURUMI     RL78/G13
A3   -   P25/AIN5
A2   -   P24/AIN4
A3を例に接続を示します。

+3.3V
|
R1
|
+————A3
|
|_曲げセンサ+
_
|  曲げセンサ-
|
GND

R1=20kΩ:曲がっていないとき 25kΩ 1.83V。曲がっているとき 37.5kΩ 1.91V。 最大曲がっているき 50kΩ 2.36V。
1.83V~2.36V付近で変化します。
Jpeg
ワンショット、ソフトウェアトリガーでAD変換を行いました。2CHを交互に変換する際、ウェイトを入れる必要があります。切り替えてスタート後、fCLK/32の設定したので、変換終了確認前に31個のNOP()を入れました。
NOP()を入れないと終了フラグ(ADCS)が0になったままで、変換結果(ADCR)が前のCHまま取得してしまします。
Jpeg
2本の曲げセンサは、衝突検知に使用するため前方に配置しました。

GR-KAEDE LED BLINK

Jpeg
新しいガジェットルネサスのリファレンスボードGR-KAEDEを購入しました。 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-09520/
Jpeg Jpeg
搭載マイコンはRX64M(R5F564MLCDFB 144pin QFP)です。RXv2コアを採用しています。 http://gadget.renesas.com/ja/product/kaede.html
Jpeg
ROM 4MB、RAM 512KB、データフラッシュ 64KBと大容量です。開発環境は、GR-SAKURA、GR-KURUMIと同様にe2StudioのIEDにKPIT GNU GCCのコンパイラを使用する予定です。 とりあえず、PC0、PC1、P02、P03と4個のLEDがあるのでこれを点滅させてみました。
Jpeg