GR-ADZUKI OLED DISPLAY


GR-ADZUKIにOLEDディスプレイを接続しました。
0.96インチ 128×64ドット有機ELディスプレイ(OLED)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-12031/
今回のシールド基板には以下の基盤を使用しました。
パワーグリッド・ユニバーサル基板 両面スルーホール Cタイプ 72x47mm ガラスコンポジット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07214/
パワーグリッドがあるので電源とGNDの配線が用意されているので配線は楽です。ただ、パワーグリッドに触れないようにハンダ付けを行わなければならないのでちょっと大変です。

OLED (制御チップSSD1306コントローラ)の制御プログラムは、以下のURLを参考にさせていただきました。
https://www.mgo-tec.com/blog-entry-31.html
改造なしにGR-ADZUKIでもそのまま動きます。大変助かります。ありがとうございます。
まずは、文字を表示する準備を行いました。8×6のフォントを作成しました。
作成したフォントを表示するプログラムを作成しました。
サンプルプログラムは以下にあります。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/oled/oled.ino

We connected an OLED display to GR-ADZUKI.
0.96 inch 128 × 64 dot organic EL display (OLED)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-12031/
The following base was used for the shield board of this time.
Power grid · Universal board Double sided through hole C type 72 x 47 mm glass composite

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07214/
Since there is a power grid wiring of the power supply and GND is prepared so wiring is easy. However, it needs to be soldered so as not to touch the power grid, so it is a bit tough.
The control program of OLED (control chip SSD 1306 controller) has referred to the following URL.
https://www.mgo-tec.com/blog-entry-31.html
With remodeling GR – ADZUKI also moves as it is. It’s a big help. Thank you very much.
First of all, I prepared for displaying characters. I created an 8 × 6 font.
We created a program to display the created font.

The sample program is below.
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/oled/oled.ino

我們將一個OLED顯示器連接到GR-ADZUKI。
0.96英寸128×64點有機EL顯示器(OLED)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-12031/
以下基地被用於這次的防護板。
電網/通用電路板雙面通孔C型72 x 47 mm玻璃複合材料

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07214/
由於電源有電網接線,因此準備好接地線。 然而,它需要焊接以免接觸電網,所以它有點困難。
OLED(控制芯片SSD 1306控制器)的控製程序參考了以下URL。
https://www.mgo-tec.com/blog-entry-31.html
隨著重塑GR – ADZUKI也會照原樣移動。 這非常有幫助。 非常感謝。
首先,我準備展示角色。 我創建了一個8×6字體。
我們創建了一個程序來顯示創建的字體。

示例程序如下。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/oled/oled.ino

GR-ADZUKI ULTRASONIC DISTANCE SENSOR

引用


超音波距離センサを使用しました。
パララックス社超音波距離センサーモジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05400/


Pingサンプルがそのまま使用できます。
今回は、センサの入出力ピンをD7からD5に変更しただけです。
距離は、サンプルプログラムのままで使用できます。
シリアルモニタに距離が表示されます。

プログラムの説明をします。

センサピンを出力に設定します。
5ミリ秒のパルスを出します。
pinMode(pingPin, OUTPUT);
digitalWrite(pingPin, LOW);
delayMicroseconds(2);
digitalWrite(pingPin, HIGH);
delayMicroseconds(5);
digitalWrite(pingPin, LOW);

センサピンを入力に設定します。
pinMode(pingPin, INPUT);
duration = pulseIn(pingPin, HIGH);
pulseIn()関数は、ピンがHIGHになるのを待ち、時間計測を開始します。その後、ピンがLOWになるのを待ち、時間計測が終了します。
エコーの戻り時間と音速から距離を測ります。
cm = microsecondsToCentimeters(duration);

サンプルプログラムは以下にあります。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/Ping/Ping.ino

超音波距離センサを使用しました。
パララックス社超音波距離センサーモジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05400/

Ping sample can be used as it is.
In this example, I changed the sensor input / output pin from D7 to D5.
Distance can be used as it is in the sample program.
The distance is displayed on the serial monitor.

I will explain the program.

Set the sensor pin to output.
I emit a pulse of 5 msec.

pinMode(pingPin, OUTPUT);
digitalWrite(pingPin, LOW);
delayMicroseconds(2);
digitalWrite(pingPin, HIGH);
delayMicroseconds(5);
digitalWrite(pingPin, LOW);

Set the sensor pin to input.
pinMode(pingPin, INPUT);
duration = pulseIn(pingPin, HIGH);
The pulseIn() function waits for the pin to go HIGH and starts time measurement. After that, wait for the pin to go LOW and the time measurement is completed.
Measure the distance from the echo return time and sound speed.

cm = microsecondsToCentimeters(duration);

The sample program is below.
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/Ping/Ping.ino

超音波距離センサを使用しました。
パララックス社超音波距離センサーモジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05400/

Ping樣本可以照原樣使用。
在這個例子中,我將傳感器輸入/輸出引腳從D7改為D5。
距離可以像在示例程序中一樣使用。
距離顯示在串行監視器上。

我會解釋這個程序。

將傳感器引腳設置為輸出。
我發出5毫秒的脈衝。

pinMode(pingPin, OUTPUT);
digitalWrite(pingPin, LOW);
delayMicroseconds(2);
digitalWrite(pingPin, HIGH);
delayMicroseconds(5);
digitalWrite(pingPin, LOW);

將傳感器引腳設置為輸入。
pinMode(pingPin, INPUT);
duration = pulseIn(pingPin, HIGH);
pulseIn()函數等待引腳變為高電平並開始時間測量。 之後,等待引腳變為低電平並完成時間測量。
測量迴聲返回時間和聲速的距離。

cm = microsecondsToCentimeters(duration);

示例程序如下。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/Ping/Ping.ino