RED BEAN CULTIVATION WITH GR-ADZUKI3

GR-ADZUKIの小豆栽培の続きです。

芽ができました。1週間で12株中半分程度発芽しています。
SDカードに温度を1秒間隔で記録しました。

14日の15時から4.5時間記録しました。夕方で日陰になっていたので24.5℃くらいから徐々に気温が下がっています。
観察を継続していきます。

It is the continuation of red bean cultivation of GR-ADZUKI.
Red beans germinated. About a half of 12 shares germinate in one week.
The temperature was recorded on the SD card at 1 second intervals.
We recorded for 4.5 hours from 15 o’clock on the 14th. Since the shade was falling in the evening, the temperature is gradually decreasing from around 24.5 ° C.
I will continue observation.

這是GR-ADZUKI的紅豆栽培的延續。
紅豆發芽。 大約一半的12股在一周內發芽。
以1秒的間隔將溫度記錄在SD卡上。
我們從14日15點起錄製了4.5小時。 由於陰影在晚上下降,溫度從大約24.5°C逐漸降低。
我會繼續觀察。

RED BEAN CULTIVATION WITH GR-ADZUKI2

GR-ADZUKIで小豆栽培を行います。まだ危機が準備できていません。
まずは、種まきです。
ポップアップ式簡易室温 ガーデンハウス M を使用します。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%81%E7%94%A3%E6%A5%AD-7000-%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E5%BC%8F%E7%B0%A1%E6%98%93%E5%AE%A4%E6%B8%A9-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9-M/dp/B001UDR9FA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1531052776&sr=8-1&keywords=%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E5%BC%8F%E7%B0%A1%E6%98%93%E5%AE%A4%E6%B8%A9+%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9+M


種を植えて水をやりました。

We will do red bean cultivation with GR-ADZUKI. We have not prepared a crisis yet.
First, it is seedling.
We use pop-up simple room temperature garden house M.

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%81%E7%94%A3%E6%A5%AD-7000-%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E5%BC%8F%E7%B0%A1%E6%98%93%E5%AE%A4%E6%B8%A9-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9-M/dp/B001UDR9FA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1531052776&sr=8-1&keywords=%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E5%BC%8F%E7%B0%A1%E6%98%93%E5%AE%A4%E6%B8%A9+%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9+M
I planted seeds and watered them.

用GR-ADZUKI做紅豆栽培。 我們還沒有準備好危機。
首先,它是幼苗。
我們使用彈出簡單的室溫花園洋房M.

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%81%E7%94%A3%E6%A5%AD-7000-%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E5%BC%8F%E7%B0%A1%E6%98%93%E5%AE%A4%E6%B8%A9-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9-M/dp/B001UDR9FA/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1531052776&sr=8-1&keywords=%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E5%BC%8F%E7%B0%A1%E6%98%93%E5%AE%A4%E6%B8%A9+%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9+M
我種了種子並給它們澆水。

RED BEAN CULTIVATION WITH GR-ADZUKI1

GR-ADZUKIで小豆栽培を始めようと思いまいたが、機器作成が間に合わずに栽培時期を迎えてしまいました。

種、肥料を用意しました。

まず耕して肥料をまくところから始めます。

I thought about starting red bean cultivation with GR – ADZUKI, but the time of cultivation ceased without making the equipment in time.
We prepared seeds and fertilizer.
Start by plowing and fertilizing.

我想過用GR-ADZUKI開始紅豆種植,但是沒有及時製作設備就停止了種植時間。
我們準備了種子和肥料。
從耕作和施肥開始。

GR-ADZUKI GROVE LIGHT SENSOR

GR-AZUKIに照度センサーを接続しました。
http://wiki.seeedstudio.com/Grove-Light_Sensor/

アナログ式の照度センサで、フォトレジスタGL5528を使用したV1.0です。

プログラムは以下のサンプルプログラムを参考にしました。
https://seeeddoc.github.io/Grove-Light_Sensor/

サンプルプログラムは以下にあります。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/sensors/sensors.ino

I connected an illuminance sensor to GR-AZUKI.
http://wiki.seeedstudio.com/Grove-Light_Sensor/
It is an analog type illuminance sensor, V1.0 using photo register GL 5528.
The program consulted the following sample program.

https://seeeddoc.github.io/Grove-Light_Sensor/
The sample program is below.
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/sensors/sensors.ino

我將照度傳感器連接到GR-AZUKI。
http://wiki.seeedstudio.com/Grove-Light_Sensor/
它是一個模擬型照度傳感器,V1.0使用照片寄存器GL 5528。
該計劃諮詢了以下示例程序

https://seeeddoc.github.io/Grove-Light_Sensor/
示例程序如下。

https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/sensors/sensors.ino

GR-ADZUKI GROVE TEMPERATURE SENSOR

GR-AZUKIに温度センサーを接続しました。
http://wiki.seeedstudio.com/Grove-Temperature_Sensor_V1.2/
サーミスターで温度を計測します。
サーミスタは、温度の変化により、抵抗値が変化する電子部品です。
プログラムはサンプルプログラムをほぼそのまま使用しています。
https://github.com/Seeed-Studio/Grove_Temperature_Sensor/blob/master/Temperature_Sensor/Temperature_Sensor.ino
アナログ入力ピンをA0からA1に変更しただけです。

サンプルプログラムは以下にあります。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/temp_sensor/temp_sensor.ino

I connected a temperature sensor to GR-AZUKI.
http://wiki.seeedstudio.com/Grove-Temperature_Sensor_V1.2/
Measure the temperature with a thermistor.
The thermistor is an electronic component whose resistance value varies with temperature change.
The program uses the sample program almost as it is.

https://github.com/Seeed-Studio/Grove_Temperature_Sensor/blob/master/Temperature_Sensor/Temperature_Sensor.ino
I changed the analog input pin from A0 to A1.
The sample program is below.

https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/temp_sensor/temp_sensor.ino

我將溫度傳感器連接到GR-AZUKI。
http://wiki.seeedstudio.com/Grove-Temperature_Sensor_V1.2/
用熱敏電阻測量溫度。
熱敏電阻是電阻值隨溫度變化而變化的電子元件。
程序幾乎按照原樣使用示例程序。

https://github.com/Seeed-Studio/Grove_Temperature_Sensor/blob/master/Temperature_Sensor/Temperature_Sensor.ino
我將模擬輸入引腳從A0改為A1。
示例程序如下。

https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/temp_sensor/temp_sensor.ino

 

GR-ADZUKI DATALOG

GR-ADZUKIでSDカードに温度と湿度を記録しました。
ロギングソフトは、Dataloggerサンプルを元に改造しました。
前回追加したRHT03温湿度センサのデータをロギングできました。
サンプルソフトは以下にあります。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/SD/Datalogger/Datalogger.ino

Temperature and humidity were recorded on SD card with GR-ADZUKI.
The logging software was remodeled based on the Datalogger sample.
I was able to log data of the RHT03 temperature and humidity sensor that was added last time.
Sample software is below.

https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/SD/Datalogger/Datalogger.ino

使用GR-ADZUKI在SD卡上記錄溫度和濕度。
記錄軟件根據Datalogger樣本進行了改造。
我能夠記錄上次添加的RHT03溫度和濕度傳感器的數據。
示例軟件如下。

https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/SD/Datalogger/Datalogger.ino

 

GR-ADZUKI SD CARD

GR-ADZUKIにSDカードを接続しました。
SDカードスロットは以下の物を使用しました。
マイクロSDカードスロットDIP化キット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05488/
このスロットは、GR-AZDUKIの拡張スルーホール1、拡張スルーホール2のコネクタに直接接続できます。今回は、拡張スルーホール2に接続しました。
http://gadget.renesas.com/ja/product/adzuki.html
まずは、動作確認のためCardInfoサンプルプログラムを試しました。
ADZUKI用にピン番号を修正する必要があります。
ADZUKIのSD2に対応したサンプルプログラムを以下に上げました。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/SD/CardInfo/CardInfo.ino

I connected an SD card to GR-ADZUKI.
The following items were used for the SD card slot.
Micro SD card slot DIP conversion kit
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05488/
This slot can be connected directly to GR – AZDUKI extended through – hole 1, extended through – hole 2 connector. This time, I connected to the expansion through hole 2.
http://gadget.renesas.com/ja/product/adzuki.html
First of all, I tried the CardInfo sample program to confirm the operation.
It is necessary to correct pin number for ADZUKI.
The sample programs corresponding to ADZUKI’s SD2 are listed below.

https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/SD/CardInfo/CardInfo.ino

我將SD卡連接到GR-ADZUKI。
以下項目用於SD卡插槽。
Micro SD卡插槽DIP轉換套件
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05488/
該插槽可直接連接GR – AZDUKI擴展通孔1,擴展通孔2連接器。 這一次,我通過孔2連接到擴展。
http://gadget.renesas.com/ja/product/adzuki.html
首先,我嘗試了CardInfo示例程序來確認操作。
有必要糾正ADZUKI的PIN碼。
下面列出了與ADZUKI的SD2相對應的示例程序。

https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/SD/CardInfo/CardInfo.ino

GR-ADZUKI OLED DISPLAY


GR-ADZUKIにOLEDディスプレイを接続しました。
0.96インチ 128×64ドット有機ELディスプレイ(OLED)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-12031/
今回のシールド基板には以下の基盤を使用しました。
パワーグリッド・ユニバーサル基板 両面スルーホール Cタイプ 72x47mm ガラスコンポジット
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07214/
パワーグリッドがあるので電源とGNDの配線が用意されているので配線は楽です。ただ、パワーグリッドに触れないようにハンダ付けを行わなければならないのでちょっと大変です。

OLED (制御チップSSD1306コントローラ)の制御プログラムは、以下のURLを参考にさせていただきました。
https://www.mgo-tec.com/blog-entry-31.html
改造なしにGR-ADZUKIでもそのまま動きます。大変助かります。ありがとうございます。
まずは、文字を表示する準備を行いました。8×6のフォントを作成しました。
作成したフォントを表示するプログラムを作成しました。
サンプルプログラムは以下にあります。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/oled/oled.ino

We connected an OLED display to GR-ADZUKI.
0.96 inch 128 × 64 dot organic EL display (OLED)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-12031/
The following base was used for the shield board of this time.
Power grid · Universal board Double sided through hole C type 72 x 47 mm glass composite

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07214/
Since there is a power grid wiring of the power supply and GND is prepared so wiring is easy. However, it needs to be soldered so as not to touch the power grid, so it is a bit tough.
The control program of OLED (control chip SSD 1306 controller) has referred to the following URL.
https://www.mgo-tec.com/blog-entry-31.html
With remodeling GR – ADZUKI also moves as it is. It’s a big help. Thank you very much.
First of all, I prepared for displaying characters. I created an 8 × 6 font.
We created a program to display the created font.

The sample program is below.
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/oled/oled.ino

我們將一個OLED顯示器連接到GR-ADZUKI。
0.96英寸128×64點有機EL顯示器(OLED)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-12031/
以下基地被用於這次的防護板。
電網/通用電路板雙面通孔C型72 x 47 mm玻璃複合材料

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-07214/
由於電源有電網接線,因此準備好接地線。 然而,它需要焊接以免接觸電網,所以它有點困難。
OLED(控制芯片SSD 1306控制器)的控製程序參考了以下URL。
https://www.mgo-tec.com/blog-entry-31.html
隨著重塑GR – ADZUKI也會照原樣移動。 這非常有幫助。 非常感謝。
首先,我準備展示角色。 我創建了一個8×6字體。
我們創建了一個程序來顯示創建的字體。

示例程序如下。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/oled/oled.ino

GR-ADZUKI ULTRASONIC DISTANCE SENSOR

引用


超音波距離センサを使用しました。
パララックス社超音波距離センサーモジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05400/


Pingサンプルがそのまま使用できます。
今回は、センサの入出力ピンをD7からD5に変更しただけです。
距離は、サンプルプログラムのままで使用できます。
シリアルモニタに距離が表示されます。

プログラムの説明をします。

センサピンを出力に設定します。
5ミリ秒のパルスを出します。
pinMode(pingPin, OUTPUT);
digitalWrite(pingPin, LOW);
delayMicroseconds(2);
digitalWrite(pingPin, HIGH);
delayMicroseconds(5);
digitalWrite(pingPin, LOW);

センサピンを入力に設定します。
pinMode(pingPin, INPUT);
duration = pulseIn(pingPin, HIGH);
pulseIn()関数は、ピンがHIGHになるのを待ち、時間計測を開始します。その後、ピンがLOWになるのを待ち、時間計測が終了します。
エコーの戻り時間と音速から距離を測ります。
cm = microsecondsToCentimeters(duration);

サンプルプログラムは以下にあります。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/Ping/Ping.ino

超音波距離センサを使用しました。
パララックス社超音波距離センサーモジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05400/

Ping sample can be used as it is.
In this example, I changed the sensor input / output pin from D7 to D5.
Distance can be used as it is in the sample program.
The distance is displayed on the serial monitor.

I will explain the program.

Set the sensor pin to output.
I emit a pulse of 5 msec.

pinMode(pingPin, OUTPUT);
digitalWrite(pingPin, LOW);
delayMicroseconds(2);
digitalWrite(pingPin, HIGH);
delayMicroseconds(5);
digitalWrite(pingPin, LOW);

Set the sensor pin to input.
pinMode(pingPin, INPUT);
duration = pulseIn(pingPin, HIGH);
The pulseIn() function waits for the pin to go HIGH and starts time measurement. After that, wait for the pin to go LOW and the time measurement is completed.
Measure the distance from the echo return time and sound speed.

cm = microsecondsToCentimeters(duration);

The sample program is below.
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/Ping/Ping.ino

超音波距離センサを使用しました。
パララックス社超音波距離センサーモジュール
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05400/

Ping樣本可以照原樣使用。
在這個例子中,我將傳感器輸入/輸出引腳從D7改為D5。
距離可以像在示例程序中一樣使用。
距離顯示在串行監視器上。

我會解釋這個程序。

將傳感器引腳設置為輸出。
我發出5毫秒的脈衝。

pinMode(pingPin, OUTPUT);
digitalWrite(pingPin, LOW);
delayMicroseconds(2);
digitalWrite(pingPin, HIGH);
delayMicroseconds(5);
digitalWrite(pingPin, LOW);

將傳感器引腳設置為輸入。
pinMode(pingPin, INPUT);
duration = pulseIn(pingPin, HIGH);
pulseIn()函數等待引腳變為高電平並開始時間測量。 之後,等待引腳變為低電平並完成時間測量。
測量迴聲返回時間和聲速的距離。

cm = microsecondsToCentimeters(duration);

示例程序如下。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/Ping/Ping.ino

 

GR-ADZUKI DISTANCE SENSOR


GR-ADZUKIに距離センサを追加しました。
GR-COTTON DISTANCE SENSORで使用したセンサと同じもの使用します。
シャープ測距モジュール GP2Y0A21YK
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02551/
センサコネクタに接続するケーブルは、Amazonで安い物を調達しました。
20 SETS Mini Micro JST 2.0 PH 3ピンコネクタプラグ(ワイヤーケーブル付き)150MM
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XXNRLYM/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1
GROVE – ユニバーサル4ピンコネクタ(10個入りパック)
https://www.amazon.co.jp/SEEED-ACC39145O-GROVE-%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AB4%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF-10%E5%80%8B%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B00CJ2OAC6/ref=pd_lpo_vtph_23_lp_t_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=QX61XF0S0KY6A8RSN8MD
GROVE – 4ピンケーブル 50cm (5本セット)
https://www.amazon.co.jp/SEEED-ACC83057O-GROVE-4%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-50cm-5%E6%9C%AC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B00CDFY3TO

プログラムの説明をします。
まず、距離センサのアナログ入力ピンを宣言します。
const int distancePin = A6;
続けて距離センサの値を保持する変数を宣言します。
int distanceValue = 0;

setup()関数でシリアル通信を開始します。
Serial.begin(9600);

loop() 関数で距離センサの入力を読み込みます。
distanceValue = analogRead(distancePin);

計測値をシリアルモニタに送ります。
Serial.print(“(R,L,d)=(“);
Serial.print(R_Bend_Value);
Serial.print(“, “);
Serial.print(L_Bend_Value);
Serial.print(“, “);
Serial.print(distanceValue);
Serial.print(“)”);
Serial.println();

300ms毎に計測を繰り返します。
delay(300);


床までの値は、950前後でした。このセンサは、段差などで距離が大きくなった時の転落防止に利用しようと思います。

以下にサンプルプログラムがあります。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/GP2Y0A21YK/GP2Y0A21YK.ino

GR-ADZUKI is added to the distance.
Use the same sensor as used for GR-COTTON DISTANCE SENSOR.
harp distance measuring module GP2Y0A21YK
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02551/
Cables connected to the sensor connector procured cheap items at Amazon.
20 SETS Mini Micro JST 2.0 PH 3 pin connector plug (with wire cable) 150 MM
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XXNRLYM/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1
GROVE – Universal 4 pin connector (pack of 10 pieces)
https://www.amazon.co.jp/SEEED-ACC39145O-GROVE-%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AB4%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF-10%E5%80%8B%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B00CJ2OAC6/ref=pd_lpo_vtph_23_lp_t_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=QX61XF0S0KY6A8RSN8MD
GROVE – 4 pin cable 50 cm (5 sets)
https://www.amazon.co.jp/SEEED-ACC83057O-GROVE-4%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-50cm-5%E6%9C%AC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B00CDFY3TO

I will explain the program.
First, declare the analog input pin of the distance sensor.
const int distancePin = A6;
Then we declare a variable that holds the distance sensor value.
int distanceValue = 0;

Start serial communication with setup() function.
Serial.begin(9600);

Read the distance sensor input with the loop() function.
distanceValue = analogRead(distancePin);

The measured value is sent to the serial monitor.
Serial.print(“(R,L,d)=(“);
Serial.print(R_Bend_Value);
Serial.print(“, “);
Serial.print(L_Bend_Value);
Serial.print(“, “);
Serial.print(distanceValue);
Serial.print(“)”);
Serial.println();

The measurement is repeated every 300 ms.
delay(300);

The value up to the floor was around 950. I think that this sensor will be used to prevent the fall when the distance becomes big due to a step or the like.

Below is a sample program.
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/GP2Y0A21YK/GP2Y0A21YK.ino

距離傳感器被添加到GR-ADZUKI。
使用與GR-COTTON DISTANCE SENSOR相同的傳感器。
夏普測距模塊GP2Y0A21YK
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02551/
連接到傳感器連接器的電纜在亞馬遜購買廉價商品。
20套迷你微型JST 2.0 PH 3針連接器插頭(帶線纜)150 MM
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XXNRLYM/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1
GROVE – 通用4針連接器(10個裝)
https://www.amazon.co.jp/SEEED-ACC39145O-GROVE-%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%AB4%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF-10%E5%80%8B%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B00CJ2OAC6/ref=pd_lpo_vtph_23_lp_t_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=QX61XF0S0KY6A8RSN8MD
GROVE – 4針電纜50厘米(5套)
https://www.amazon.co.jp/SEEED-ACC83057O-GROVE-4%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-50cm-5%E6%9C%AC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B00CDFY3TO

我會解釋這個程序。
首先聲明距離傳感器的模擬輸入引腳。
const int distancePin = A6;
然後我們聲明一個保存距離傳感器值的變量。
int distanceValue = 0;

使用setup()函數開始串行通信。
Serial.begin(9600);

用loop()函數讀取距離傳感器輸入。
distanceValue = analogRead(distancePin);

測量值被發送到串行監視器。。
Serial.print(“(R,L,d)=(“);
Serial.print(R_Bend_Value);
Serial.print(“, “);
Serial.print(L_Bend_Value);
Serial.print(“, “);
Serial.print(distanceValue);
Serial.print(“)”);
Serial.println();

測量每300毫秒重複一次。
delay(300);

到地面的價值約為950。 我認為這個傳感器將用於防止由於台階等原因造成的距離變大時的跌落。

以下是一個示例程序。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/GP2Y0A21YK/GP2Y0A21YK.ino 続きを読む