GR-ADZUKI PROGRAM STRUCTURE

Arduinoのプログラム構造を説明します。基本的に2つの関数が用意されています。

void setup()関数とvoid loop()関数です。setup関数は、プログラムを初期化するためのコードを書く場所です。最初に1回だけ実行されます。ここでハードウェアの設定などを行います。loop関数は、プログラムの実際の処理コードを書く場所です。この関数は、関数名の通り繰り返し実行されます。
サンプルプログラムの中を見ていきます。
int led = 24; // the pin that the LED is attached to
int brightness = 0; // how bright the LED is
int fadeAmount = 5; // how many points to fade the LED by
まず、変数の宣言を行っています。
// the setup routine runs once when you press reset:
void setup() {
// declare pin 24 to be an output:
pinMode(led, OUTPUT);
}
pinMode関数は、ピンの入出力設定を行う関数です。
ここでは、24ピンを出力用に設定しています。
// the loop routine runs over and over again forever:
void loop() {
// set the brightness of pin 24:
analogWrite(led, brightness);

// change the brightness for next time through the loop:
brightness = brightness + fadeAmount;

// reverse the direction of the fading at the ends of the fade:
if (brightness == 0 || brightness == 255) {
fadeAmount = -fadeAmount ;
}
// wait for 30 milliseconds to see the dimming effect
delay(30);
}
まず、analogWrite関数でアナログ出力を行っています。
LEDの明るさを設定しています。
brightness = brightness + fadeAmount;
明るさの強さを変更しています。
if (brightness == 0 || brightness == 255) {
fadeAmount = -fadeAmount ;
}
if分は、条件を判定する命令です。
“==”は、値が同じ条件です。”||”は、論理式で”または”(OR)の意味です。
2つの条件が片方どちらかが一致すれば次のかっこの中を実行します。
かっこの中は、明るさを増やす方向と減らす方向を切り替えます。
fadeAmount = -fadeAmount ;
delay(30);
最後のdelay関数は、一定時間待つ関数です。
ここでは、30ミリ秒待ちます。
次のloop関数が実行されるのを遅らせます。

I will explain Arduino’s program structure. Basically two functions are provided.
The two functions are the void setup() function and the void loop() function. The setup function is the place to write the code to initialize the program. It is executed only once at the beginning. Here we will configure the hardware etc. The loop function is the place to write the actual processing code of the program. This function is repeatedly executed as the function name does.
I will look through the sample program.
int led = 24; // the pin that the is is attached to
int brightness = 0; // how bright the LED is
int fadeAmount = 5; // how many points to fade the LED by
First, we declare variables.
// the setup routine runs once when you press reset:
void setup () {
// declare pin 24 to be an output:
pinMode (led, OUTPUT);
}
The pinMode function is a function that sets pin input / output.
In this example, 24 pins are set for output.
// the loop routine runs over and over again forever:
void loop () {
// set the brightness of pin 24:
analogWrite (led, brightness);

// change the brightness for next time through the loop:
brightness = brightness + fadeAmount;

// reverse the direction of the fading at the ends of the fade:
if (brightness == 0 || brightness == 255) {
fadeAmount = -fadeAmount;
}
// wait for 30 milliseconds to see the dimming effect
delay (30);
}
First, analog output is done with the analogWrite function.
The brightness of the LED is set.
brightness = brightness + fadeAmount;
I am changing the intensity of brightness.
if (brightness == 0 || brightness == 255) {
fadeAmount = -fadeAmount ;
}

if is an instruction to determine a condition.
“==” is a condition with the same value. “||” means “or” (OR) in a logical expression.
If one of the two conditions matches, the next bracket is executed.
In parentheses, we change the direction to increase and decrease the brightness.
The last delay function is a function to wait for a certain time.
Here wait 30 milliseconds.
Delays execution of the next loop function.


我將解釋Arduino的程序結構。 基本上提供了兩個功能。
這兩個函數是void setup)函數和void loop)函數。 設置功能是寫入代碼來初始化程序的地方。它在開始時只執行一次。 這裡我們將配置硬件等 循環功能是編寫程序實際處理代碼的地方。 這個函數是重複執行的,因為函數的名字是。
我會看看示例程序。
首先,我們聲明變量。

/ / the setup routine runs once when you press reset:
void setup () {
// declare pin 24 to be an output:
pinMode (led, OUTPUT);
}

pinMode功能是設置引腳輸入/輸出的功能。
在這個例子中,24個引腳被設置為輸出。

/ / the loop routine runs over and over again forever:
void loop () {
// set the brightness of pin 24:
analogWrite (led, brightness);

// change the brightness for next time through the loop:
brightness = brightness + fadeAmount;
// reverse the direction of the fading at the ends of the fade:
if (brightness == 0 || brightness == 255) {
fadeAmount = -fadeAmount;
}
// wait for 30 milliseconds to see the dimming effect
delay (30);
}
首先,使用analogWrite函數完成模擬輸出。
LED的亮度被設定。
fadeAmount = -fadeAmount ;
我正在改變亮度的強度。

if (brightness == 0 || brightness == 255) {
    fadeAmount = -fadeAmount ;
}
如果是確定條件的指令。
“==”是具有相同值的條件。 “||”表示邏輯表達式中的“或”(OR)。
如果兩個條件中的一個匹配,則執行下一個括號。
在括號中,我們改變方向來增加和減少亮度。

最後的延遲功能是等待一定時間的功能。
在這裡等待30毫秒。
延遲下一個循環函數的執行。

GR-ADZUKI SAMPLE

USBケーブルの接続までできたので次にサンプルプログラムの読み込みと実行を行います。
IDE for GRを起動し、メニュー[ファイル] -> [スケッチの例] -> [03.Analog]から”Fading”を選択します。

サンプルスケッチが記載された画面がもう一画面表示されます。
次にコンパイルと書き込みを行います。ツールバーの矢印ボタンを押すか

または、メニュー[ファイル] -> [マイ コンボードに書き込む] を選択して下さい。

スケッチのコンパイルが行われ、続いてマイコンボードへの書き込みが行われます。
コンパイルと書き込みの進捗がコードの下側の部分にメッセージが表示されます。
Reset MCU
と表示されれば成功です。

LED2がゆっくり点滅しだします。

Now that I can connect the USB cable, I will read and execute the sample program next.
Launch the IDE for GR and select “Fading” from the menu [File] -> [Sketch Example] -> [03.Analog].

The screen with the sample sketch is displayed one more screen.
Then compile and write.
Please press the arrow button on the tool bar or select the menu [File] -> [Write to My Computer].
The sketch is compiled and then written to the microcontroller board.
A message is displayed in the lower part of the code as the compilation and writing progresses.
It will be successful if it is displayed as Reset MCU.
LED2 flashes slowly.

現在我可以連接USB電纜,接下來我將讀取並執行示例程序。
啟動GR for IDE並從菜單[File] – > [Sketch Example] – > [03.Analog]中選擇“Fading”。

帶有示例草圖的屏幕再顯示一個屏幕。
然後編譯並寫入。
請按工具欄上的箭頭按鈕或選擇菜單[文件] – > [寫入我的電腦]。

草圖被編譯後寫入微控制器板。
編譯和寫入過程中將在代碼的下半部分顯示一條消息。
顯示為Reset MCU將會成功。
LED2緩慢閃爍。

GR-ADZUKI IDE2

IDE for GRの準備ができたらUSBケーブルでGR-ADZUKIとPCを接続します。
PCからUSBドライバが見つからないと表示された場合、ドライバのインストールが必要です。
GR-ADZUKIは、FT231XQというLSIでRL78/G13のUARTとUSBを変換しています。
FTDI社のページよりUSBドライバーを取得して認識させてください。
http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm
Windowsの場合、執筆現在、2017-08-30 2.12.28となります。
http://www.ftdichip.com/Drivers/CDM/CDM%20v2.12.28%20WHQL%20Certified.zip

次にマイコンボートの設定をします。
メニュー[ツール]→[マイコンボード]→[GR-ADZUKI]を選択します。
次にシリアルポートを設定します。
メニュー[ツール]→[シリアルポート]からポートを選択します。

複数のシリアルポートがある場合、どれがGR-ADZUKIに接続されているかわかりません。この場合は、Windowsの場合ポート番号はデバイスマネージャーから確認できます。

ポートのプロパティを開いて製造元がFTDIの物がADZUKIにつながるものですがFTDIのポートが複数ある場合は、わかりません。
この場合、このまま進み、スケッチ書き込みが失敗したらポートを変更してみて下さい。

When the IDE for GR is ready, connect the GR-ADZUKI and the PC with a USB cable.
If it is indicated that the USB driver can not be found from the PC, installation of the driver is necessary.
GR-ADZUKI converts RL78/G13 UART and USB with FT231XQ IC.
Please obtain USB driver from FTDI’s page and recognize it.
http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm
For Windows, writing now, 2017-08-30 2.12.28.
http://www.ftdichip.com/Drivers/CDM/CDM%20v2.12.28%20WHQL%20Certified.zip
Next, set up the microcomputer boat.
Select the menu [Tool] -> [Microcomputer board] -> [GR – ADZUKI].
Next, set the serial port.
Select a port from the menu [Tools] → [Serial Port].
Opening the property of the port, the manufacturer’s FTDI thing leads to ADZUKI, but I do not know if there are multiple ports of FTDI.
In this case, proceed as it is, change the port if sketch writing fails.

當GR for IDE準備就緒時,用USB電纜連接GR-ADZUKI和PC。
如果顯示無法從PC上找到USB驅動程序,則需要安裝驅動程序。
GR-ADZUKI通過稱為FT231XQ IC 轉換RL78/G13 UART和USB。
請從FTDI的頁面獲取USB驅動程序並進行識別。
http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm
對於Windows,現在寫,2017-08-30 2.12.28。
http://www.ftdichip.com/Drivers/CDM/CDM%20v2.12.28%20WHQL%20Certified.zip
接下來,設置微電腦船。
選擇菜單[工具] – > [微機板] – > [GR – ADZUKI]。
接下來,設置串口。
從菜單[工具]→[串行端口]中選擇一個端口。

如果有多個串口,我不知道哪個連接到GR-ADZUKI。 在這種情況下,Windows可以從設備管理器檢查端口號。
打開港口的財產,製造商的FTDI事情導致ADZUKI,但我不知道是否有多個端口的FTDI。
在這種情況下,按原樣繼續,如果草圖寫入失敗,請更改端口。

GR-ADZUKI IDE

GR-ADZUKIの開発にはいくつかの方法がありますが、S4Aでは、子供向けビジュアルプログラミングができますが本格的に学びたい方には、やはりC言語で開発できたほうが良いでしょう。
Webコンパイラでスケッチも組めます。ネット環境が常時ある方にはこちらもお勧めです。
ここでは、ローカルの開発環境IDE for GRを使用して開発を行います。

IDE for GRは、以下からダウンロードできます。
http://gadget.renesas.com/ja/product/ide4gr.html

執筆現在1.02がWindowsの最新バージョンです。
ダウンロードされたファイルは以下になります。
ide4gr-1.02-windows.zip
これを自分のフォルダの適当な場所に展開します。
ide4gr-1.02-windowsフォルダにの中に
ide4gr.exe
という実行ファイルがあります。これを実行します。
これでプログラミングの準備ができました。

There are several ways to develop GR – ADZUKI, but in S4A you can do visual programming for children but for people who want to learn in earnest, you should still be able to develop in C language.
You can also sketch with the web compiler. It is also recommended here if you have an internet environment at all times.
Here, we will develop using the local development environment IDE for GR.

IDE for GR can be downloaded from the following.
http://gadget.renesas.com/en/product/ide4gr.html

Currently 1.02 is the latest version of Windows.
The downloaded file is as follows.
ide4gr-1.02-windows.zip
I will expand this to the appropriate place in my folder.
There is an executable file ide4gr.exe in the ide4gr – 1.02 – windows folder. I will do this.
You are now ready for programming.

開發GR-ADZUKI有幾種方法,但是在S4A中,你可以為孩子做視覺編程,但對於想要認真學習的人來說,你仍然應該可以用C語言來開發。
您也可以使用Web編譯器進行繪製。 如果你有一個互聯網的環境,也建議在這裡。
在這裡,我們將開發使用GR的本地開發環境IDE。

GR的IDE可以從下面下載。
http://gadget.renesas.com/ja/product/ide4gr.html

目前1.02是Windows的最新版本。
下載的文件如下。
ide4gr-1.02 – windows.zip
我將擴展到我的文件夾中的適當位置。
在ide4gr-1.02-windows文件夾中有一個可執行文件ide4gr.exe。 我會做這個。
你現在已經準備好編程了。

GR-ADZUKI First impression

GR-ADZUKI FULLを購入しました。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-10280/
ルネサスの16ビットRL78/G13マイコンを搭載しています。
GR-ADZUKIは、Arduinoシールド用コネクタを装備していませんが、Arduino言語でのスケッチは可能です。
また、ブラシ付きモータ用HブリッジドライバBD6211Fを搭載しており、小型DCモータを駆動することができます。サーボモータも接続できます。
今後のこのボードを使用してプログラミングの紹介をしていこうと思います。
GR-ADZUKIの紹介ページ
http://gadget.renesas.com/ja/product/adzuki.html
GR-ADZUKIのサポートページ
https://japan.renesasrulz.com/gr_user_forum_japanese/f/gr-adzuki


I purchased GR-ADZUKI FULL.
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-10280/
The 16-bit RL78 / G13 microcomputer of Renesas Electronics is carried.
Using this board, I think that I will introduce programming.
GR-ADZUKI does not have Arduino shield connector, but sketching in the Arduino language is possible.
Moreover, it carries H-bridge driver BD6211F for brushed motor, and it can drive compact DC motor. A servo motor can also be connected.
Introduction page of GR-ADZUKI
http://gadget.renesas.com/en/product/adzuki.html
GR-ADZUKI support page
https://www.renesasrulz.com/gr_user_forum_japanese/f/gr-adzuki

我購買了GR-ADZUKI FULL。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-10280/

瑞薩電子的16位RL78 / G13微型計算機被運載。
使用這個板子,我想我會介紹編程。
GR-ADZUKI沒有Arduino屏蔽連接器,但是可以使用Arduino語言進行繪製。
另外搭載電刷帶電機的H橋驅動器BD6211F,可驅動小型直流電機。伺服電機也可以連接。
GR-ADZUKI的介紹頁
http://gadget.renesas.com/ja/product/adzuki.html
GR-ADZUKI支持頁面
https://japan.renesasrulz.com/gr_user_forum_japanese/f/gr-adzuki