GR-COTTON FIRST APP

GR-COTTONをWebコンパイラで使うために
「GR-COTTON 特設 Webコンパイラでスケッチ」に沿って試してみました。
http://gadget.renesas.com/ja/product/cotton_sp1.html
ビルドしてできたbinファイルをKurumiWriter 2.1を使用して書き込みします。
すべてのライブラリ、ツールがそろっていて非常に開発が楽です。
電池を入れて単独動作ささせました。LEDが眩しいです。Jpeg
裏側です。設置の都合上、ピンソケットを裏側につけました。・・・電池が取りづらくなりました。
Jpeg

NEWCOMER GR-COTTON

GWなので何か新しいことをやろうと思い、新しいがじぇっとるねさすGR-COTTONを購入しました。
GR-COTTON
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-09867/
電池ケースがないノーマル版もあります。ちょっと安いです。
GR-COTTON-NORMAL
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-10421/
紹介ページ
http://gadget.renesas.com/ja/product/cotton.htmlJpeg Jpeg Jpeg
E1を繋げられるTPが表面にありますがピンを立てるのが大変そうなので、COTTONは、Webコンパイラを使用したいと思います。

GR-KURUMI AND E1

GR-KURUMIにE1用の変換基板を作成しました。
Jpeg
BOXプラグ14P(直型)
http://eleshop.jp/shop/g/gC2O362/
AB基板 蛇の目基板11号(両面)
http://eleshop.jp/shop/g/gE2Q368/
L型ヘッダーソケット 6P
http://eleshop.jp/shop/g/gA3V416/

以下サイトを参考に作成しました。ありがとうごいます。
http://japan.renesasrulz.com/gr_user_forum_japanese/b/weblog/archive/2013/06/09/gr-kurumi-e1-e20.aspx
http://japan.renesasrulz.com/mobile/Places/Application/Content/2052?applicationId=110&applicationType=forum
以下、E1のマニュアルも参考にしました。
http://documentation.renesas.com/doc/products/tool/doc/r20ut1994jj0400_e1e20e2lite_rl78.pdf#search=%27RL78%E3%83%BBG13I+E1%27
Jpeg
表側です。1kΩの抵抗でTool0をぷるアップしています。
Jpeg
裏側です。汚いです。回路図にある線は、すべてつないでいます。GNDやRESETなど複数あるピンも繋いでします。(最初省いて動きませんでした。)

Jpeg
GR-KURUMIもe2studioでデバッグできるようになり快適になりました。