GR-ADZUKI XBEE SHIELD

GR-ADZUKIのシールドを作成しました。まずは、XBeeシールドです。
シールドは、以下の材料で作成しています。
両面スルホール・ガラス・ユニバーサル基板 Cタイプ2.54mmピッチ(72x47mm)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00189/
ピンソケット 1x14 (14P) リード長15mm
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-09667/
ピンソケット 1x10 (10P) リード長15mm   2本
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-07914/
ピンソケット 1x5 (5P) リード長15mm
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-10397/
XBee関係は以下になります。
XBee ZB S2Cモジュール ワイヤーアンテナタイプ
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-10072/
※実機は古いモジュール使用しています。
XBeeピッチ変換基板とソケットのセット
https://www.switch-science.com/catalog/100/
PC側Zigbeeコーディネータ
XStick ZB Japan
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-09335/

XBeeとの通信は、Serial1を使用しています。このためデジタルコンパスは、取り外し、5ピンの連結ピンソケットとつないでいます。5ピンのソケットのうち、3V、GND、7ピン(TX1)、8ピン(RX1)の4本を使用しています。
あらかじめXBee設定ソフトXCTUでコーディネータと接続できるようにXbeeモジュールに設定しておけば、GR-AZDUKI側でのプログラムは不要です。
通信は、GR-ADZUKI SERIAL1 SAMPLEで確認しました。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/Serialout/Serialout1.ino
なおXBee WiFiは、消費電力が足りなく使用できません。

 

I made a shield of GR-ADZUKI. First of all, it is XBee shield.
The shield is made with the following materials.
Double sided through hole · glass · Universal board C type 2.54 mm pitch (72 x 47 mm)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00189/
Pin socket 1 x 14 (14 P) Lead length 15 mm
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-09667/
Pin socket 1 x 10 (10 P) Lead length 15 mm    2pcs
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-07914/
Pin socket 1 x 5 (5 p) Lead length 15 mm
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-10397/
The XBee relationship is as follows.
XBee ZB S2C module wire antenna type
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-10072/
※ The actual module uses old module.
XBee pitch conversion board and socket set
https://www.switch-science.com/catalog/100/
PC side Zigbee coordinator
XStick ZB Japan
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-09335/

Communication with XBee uses Serial 1. For this reason, the digital compass is detached and connected with a 5 pin connecting pin socket. Of the 5 pin sockets, 4 V, 3 G, GND, 7 pins (TX 1), 8 pins (RX 1) are used.
If you set the Xbee module in advance so that it can be connected to the coordinator with the XBee setting software XCTU in advance, the program on the GR-AZDUKI side is unnecessary.
Communication was checked with GR-ADZUKI SERIAL1 SAMPLE.
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/Serialout/Serialout1.ino
XBee WiFi can not be used because it consumes less power.

 

我做了GR-ADZUKI的盾牌。 首先,它是XBee盾牌。
屏蔽由以下材料製成。
雙面通孔·玻璃·通用板C型2.54 mm節距(72 x 47 mm)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00189/
引腳插座1 x 14(14 P)引線長度15 mm
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-09667/
引腳插座1 x 10(10 P)引線長度15 mm     2pcs
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-07914/
引腳插座1 x 5(5 p)引線長度15 mm
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-10397/
XBee關係如下。
XBee ZB S2C模塊導線天線類型
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-10072/
※實際模塊使用舊模塊。
XBee間距轉換板和插座組
https://www.switch-science.com/catalog/100/
PC端Zigbee協調員
XStick ZB日本
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-09335/

與XBee的通信使用Serial 1。 出於這個原因,數字羅盤是分離的,並與一個5針連接針插座連接。 在5個引腳插座中,使用4 V,3G,GND,7個引腳(TX 1),8個引腳(RX 1)。
如果事先設置了Xbee模塊,以便可以事先使用XBee設置軟件XCTU連接到協調器,則GR-AZDUKI一側的程序是不必要的。
通訊與GR-ADZUKI SERIAL1 SAMPLE進行了檢查。
https://github.com/jendo1969/GR-ADZUKI2/blob/master/Serialout/Serialout1.ino
XBee WiFi無法使用,因為它消耗更少的電力。

RL78/G1E XBee


RL78/G1E ターゲット・ボード【QB-R5F10FME-TB】にXBeeを接続しました。
XBee 5Vインターフェースアダプタを使用しました。
https://www.switch-science.com/catalog/1216/
https://www.amazon.co.jp/SSCI-012164-XBee-5V%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF/dp/B00BTX2JJ2/ref=sr_1_19?s=electronics&ie=UTF8&qid=1485673133&sr=1-19&keywords=%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%81+%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9


無線が使用できるようになりました。

 

GR-COTTON GADGET

COTTONを使用してガジェットを作成しています。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-09867/
JpegJpeg
熊本地震での避難所の行列をみて、個人、世帯に端末を配って、物資の配布の整理に使用できないかと思いました。通信、表示、音とボタンを用意する予定です。
Jpeg
まだ、I2CでのLCD表示とXBEEの通信しかできていません。
電源は、006P電池からXBee用2.54mmピッチ変換基板のレギュレータで3.3Vを作成しています。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-05060/
Jpeg
ボタン入力と音を出す仕組みを追加する予定です。

GR-KAEDE XBEE

GR-KAEDEにXBEE通信を付加しました。カメラは付ける予定が無いので、純正のアドオンボードでなく、よりシンプルな、SparkFunのXBEE Shieldを採用しました。
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-4LKE https://www.sparkfun.com/products/12847
JpegJpeg
シールドのスイッチはSCI7を使うので標準のUART側となります。DLINE側は、D2、D3につながるので使えません。 ボーレートは、いつもの115200bpsを使用しました。PC側もいつものXStick ZBです。
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-4JYA
http://www.digi.com/products/xbee-rf-solutions/modems/xstick

RSKのサンプルのボーレートは、19200bpsです。変更が必要です。RSKのサンプルは、SEMRのABCS=1、BGDM=0です。ABCS=0、BGDM=0の時とは、BRRの設定値の計算が異なるので注意が必要です。
Jpeg

19200bpsでは、BRRは0xC2Uでした。115200bpsでは、BRRを0x1FUに設定しました。 PL2303HX内蔵USBシリアル変換ケーブルと同じようにXBeeで通信が出来ました。これでデバッグがしやすくなります。

XBEE ON KURUMI

Jpeg
XBeeを接続します。デバッグ用に文字がはけるようにするのが目的です。XBeeは透過モードで使用するので普通のシリアル通信を行うだけです。 rl78_g13_s au_uart_r01an0459サンプルを使用しました。

UARTは、3個使用できますが、今回は、3個目のUART2を使用します。
P13_TXD2 D9    –   XBee DIN
P14_RXD2 D10  –   XBee DOUT
Screenshot_from_2015-07-03 23:50:31

KURUMIとXBEEは、9600bpsで接続しています。PCにXBEEのUSBドングルをつけて接続してみました。ターミナルソフトで送受信が出来ました。これからはデバッグがはかどりそうです。